12月18日(水)13時30分から、千葉県庁において9月の台風15号、10月の台風19号及び集中豪雨により被災した本県の復興にお役立ていただきたいということで、当組合からの義援金を贈呈いたしました。

贈呈式には、河南県土整備部長(中央左)、石塚理事長(中央右)、神作担当部長、牧野副理事長(左側)、横打専務理事、山口用地課長(右側)が出席しました。
神南部長からは、復旧における緊急測量業務への協力のお礼と引き続きの支援をいただきたい旨のお話があり、それに対して石塚理事長からは、復興に対して全面的に協力するとともに今後の防災減災事業に対する事業提案もして参りたいとの話をいたしました。