千葉県測量設計補償協同組合

Top

新型コロナウイルス感染防止のための取組について

私ども建設関連業は、特に公共インフラの整備・維持・管理において緊急事態宣言中も事業の継続を図るとされています。(新型コロナウイルス感染症対策の基本的対応方針(6)その他重要な留意事項 4)社会機能の維持、及び、別添)緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者)
当組合においても私どもの業界に課せられた重要な使命を果たすため、感染拡大防止の措置を徹底しつつ、事業を適切に実施してまいります。
なお、緊急事態宣言等に対する時短、会議等への対応は、ニュースページに随時掲載します。右メニューの最新ユースからご確認ください。

千葉県測量設計補償協同組合とは

当組合はその活動を通して組合員の経営基盤の安定化を図るとともに、事業協同組合に求められる社会的責任と信頼とを維持しつつ、県下の基盤整備に寄与することを目的としています。当組合は平成4年10月の設立以来、相互扶助の精神に基づき、千葉県下の測量設計業務を受注し、組合員の力を結集することによりこれを着実に成し遂げてきました。
また、当組合では、業務領域を拡大するため、平成21年6月には、共同受注業務に補償コンサルタント業務、建設コンサルタント業務、地質調査業務を追加し、名称を「千葉県測量設計事業協同組合」から「千葉県測量設計補償協同組合」に改称したところです。
委託業務における千産千消により、地域経済の活性化に資するとともに県内雇用を維持拡大するため、千葉県内の大規模なあるいは広域的な測量・設計・補償・地質調査業務のご発注の際には、何卒、当組合をご活用いただきますようお願い申し上げます。